2017年02月08日

共謀罪まとめ

「共謀罪」が、国連越境組織犯罪防止条約を
理由に制定されようとしており、法案は、
2003年の第156回通常国会で
最初に審議されました。

その後二度の廃案を経て、
2005年の第163回特別国会に再度上程され、
継続審議の扱いとなり、
第165回臨時国会においても、
幾度とない審議入り即日強行採決の
危機を乗り越えて継続審議となり、
第170回臨時国会においても
継続審議となりました。
そして、2009年7月21日の衆議院解散で
第171回通常国会閉幕により
審議未了廃案となりました。

今後も予断を許さない状況が
続くことが予想されます。(日弁連)
日弁連は共謀罪に反対します(共謀罪法案対策本部)
---------------
オリンピックを口実に一気の成立を目指している感がありありだけど、目的はなんだろう。国内法と矛盾してることは法務省も認めている。
--------------
【報ステ】安倍政権が「共謀罪」の根拠としている
パレルモ条約は「テロ行為」を対象にしたものではない




国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約
(略称:国際組織犯罪防止条約)

外務省

【どんだけぇ〜】条約締結に必要なはずが
・・「共謀罪」新設したのは2国だけ

ブログ

共謀罪が必要か?
デイリーモーション
ラベル:共謀罪 日弁連
posted by 右子猫 at 08:50| Comment(0) | 共謀罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

慰安婦とアジアの安全保障

ウォール・ストリート・ジャーナル紙への
小田原外務大臣政務官寄稿

(2017年1月30日付)

「慰安婦とアジアの安全保障」



両国民が地域の平和と繁栄を懸念する中で,
我々が築き上げた友好への期待と信頼を
根底から崩す活動家の振る舞い
容認し難いものがあります。
 
1月6日,日本政府は,在韓国日本大使及び
在釜山日本総領事の一時帰国を含む措置を
とらざるをえませんでした。
合意一周年を韓国と共に祝福するどころか,
抗議するという事態になってしまったことは
無念としか言いようがありません。
 日本にとって韓国は,戦略的利益を共有する
最も重要な隣国です。
とりわけ北朝鮮が核実験や
弾道ミサイル発射を繰り返している今,
日韓は力を合わせて無謀な挑発を
抑止するべきでしょう。
米国本土をも脅かす新たな段階の
脅威と認識せざるを得ません。
こうした脅威に対しては,日本,韓国及び米国で
連携することが不可欠です。
 
他にも日韓間で協力できる分野は多くあります。
両国は,共にエネルギー輸入国であり,
急激な少子高齢化等共通の課題に直面しています。

これら共通課題について,日韓両国は過去には
二国間でもグローバルでも
緊密な協力をしてきていました。
 合意の実施が日韓協力と
信頼の基盤となっていることに鑑みれば,
この合意の履行は日韓双方にとっての責務です。

日本は引き続き,韓国と協力しながら,
国際社会の平和と安全に貢献していく考えです。

------------
一部の活動家のせいと言い切ってるが
果たしてそうでしたっけ?
posted by 右子猫 at 22:24| Comment(0) | 日韓合意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。