2017年01月31日

日本人は奴隷になあれ!

どこが“働き方改革”なのか 「残業100時間OK」の異常法案
2017年1月31日 日刊ゲンダイ

「年間で月平均60時間まで」としているが、
繁忙期は「100時間」まで認め、
さらに「2カ月連続80時間」もOKとしているのだ。


 しかし、月100時間は過労死ラインである。
厚労省は、過労死の労災認定基準となる残業時間について
@脳や心臓の疾患が発症する前の1カ月間に100時間
A発症前の2〜6カ月間で月当たり80時間超――
と規定している。
これが基準となったら、過労死や過労自殺が
激増するのは間違いない。


これはゲンダイの報道とはいえ看過できない問題だ

残業代0法に加え、またしても日本人を
追い込む法案の成立を目指す安倍首相だ

残業代0法は、成立時点では
年収規定などが設けられているが、
懸念されているのはこの年収のハードルを
徐々に下げていくであろうと予想されることだ
「残業代ゼロ」法案
長時間労働の促進許されない
(赤旗)

小さく産んで大きく育てる自民党の手口は
派遣労働法でもお馴染みである。

我々国民はこれらの政策が全て何年も前から
何年もかけて準備されてきた法案であることに
気づくことが必要だ

第 16 回産業競争力会議議事要旨など参照

高い専門能力や実績を持つ人に対して、
労働時間と報酬のリンクを外し、
目標とする成果に対して自らが業務プロセスを管理する
労働時間制度の導入を提案している。


労働時間の制約を課し、
労働時間と報酬が連動する現状に
むしろ違和感があるように感じる。
年収が 1,000 万円には届かなくても、
創造性や企画力で勝負する限定的な業務に
従事する一定の能力や経験を有する人材に関しては、
時間で成果が決まるわけではないので、
労働時間と報酬のリンクを外した働き方が配慮されるべき


2014年の時点で話はここまで進んでいたのである。

報道されてからでは遅すぎることが
多すぎるのである。








posted by 右子猫 at 21:23| Comment(0) | 警鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FTAAPを目指すでんでんむし

経団連はかねてより、様々な
意見、要望、提言を行っております。
それを受けて安倍政権は、
「アジア太平洋で一つの経済圏を目指す、
TPP、その先のFTAAPの実現に向けて、全力を注いでいます。」
と明言している。

憲法改正や拉致被害者奪還を口にしていても
グローバル化に関しては本気度が違う。
先ごろ、教育無償化を憲法になどと発言していたが
憲法にというところにやる気のなさがうかがえる。

民進党を批判したり、韓国から大使を引き揚げてみたり
あの手この手で国民の目をそらしながら、
着実に進めているのは経団連の意向を受けた、
円滑なグローバル・サプライチェーンの構築
同一に適用されるルールを拡充した世界を目指す政策だ

ヒトモノカネの自由な移動こそが安倍の目指す世界であり、
年頭に、日本に積極的にアジアの若者を受け入れる、
日本で職に就いてもらいたい

明言したのもそのためだ

安倍首相にとって、日本人は
税金を吸い上げる対象でしかない。
日本の国境も国籍も安倍には見えていない

アメリカとの連携を強調するのも、
防衛はアメリカに丸投げし
その間にワンワールド構築に全力を注ぎたいという
野心の発露にしか見えない

安倍が目指す世界は、皇国2677年の歴史と国体を
踏みにじるものに他ならない。

現代の世界においては、国民国家こそが
国民の生命と財産を守っていることを忘れてはならない

国境のない世界、国籍のない世界とは
共産主義やムスリムが目指す世界と酷似しており、
1%の権力者によって99%の人間の人権と自由が
蔑にされる恐ろしい世界であることを忘れてはならない
posted by 右子猫 at 15:06| Comment(0) | 警鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。