2017年01月31日

日本人は奴隷になあれ!

どこが“働き方改革”なのか 「残業100時間OK」の異常法案
2017年1月31日 日刊ゲンダイ

「年間で月平均60時間まで」としているが、
繁忙期は「100時間」まで認め、
さらに「2カ月連続80時間」もOKとしているのだ。


 しかし、月100時間は過労死ラインである。
厚労省は、過労死の労災認定基準となる残業時間について
@脳や心臓の疾患が発症する前の1カ月間に100時間
A発症前の2〜6カ月間で月当たり80時間超――
と規定している。
これが基準となったら、過労死や過労自殺が
激増するのは間違いない。


これはゲンダイの報道とはいえ看過できない問題だ

残業代0法に加え、またしても日本人を
追い込む法案の成立を目指す安倍首相だ

残業代0法は、成立時点では
年収規定などが設けられているが、
懸念されているのはこの年収のハードルを
徐々に下げていくであろうと予想されることだ
「残業代ゼロ」法案
長時間労働の促進許されない
(赤旗)

小さく産んで大きく育てる自民党の手口は
派遣労働法でもお馴染みである。

我々国民はこれらの政策が全て何年も前から
何年もかけて準備されてきた法案であることに
気づくことが必要だ

第 16 回産業競争力会議議事要旨など参照

高い専門能力や実績を持つ人に対して、
労働時間と報酬のリンクを外し、
目標とする成果に対して自らが業務プロセスを管理する
労働時間制度の導入を提案している。


労働時間の制約を課し、
労働時間と報酬が連動する現状に
むしろ違和感があるように感じる。
年収が 1,000 万円には届かなくても、
創造性や企画力で勝負する限定的な業務に
従事する一定の能力や経験を有する人材に関しては、
時間で成果が決まるわけではないので、
労働時間と報酬のリンクを外した働き方が配慮されるべき


2014年の時点で話はここまで進んでいたのである。

報道されてからでは遅すぎることが
多すぎるのである。








posted by 右子猫 at 21:23| Comment(0) | 警鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。