2017年02月06日

首相が変わっただけではダメだ

E.H.カー氏はヴェルサイユ体制の教訓から
「ドイツの国家社会主義の支配者を打倒しても、
国家社会主義の出現を可能ならしめた諸条件に触れずに
そのままにしておくような解決では
1919年のそれと同様に短命で悲劇的なものに
終わるしかないであろう」と論じた。
(ロシア革命P286)

安倍政権が数々の移民政策を行う理由と、
その目的を理解していなければ
安倍晋三首相の首を挿げ替えただけでは
日本の行く末は安泰とは言えないだろう



posted by 右子猫 at 10:44| Comment(0) | 安倍首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。